クマの種類と原因

目の下にクマができる原因はさまざまですが、皮膚が薄い目元は毛細血管も目立ちやすくクマができやすくなっています。睡眠不足や疲労がたまると血中の酸素不足から血液が黒ずみクマとなって表面に現れやすくなります。

そこで、ここではクマの種類、見分け方とその原因について触れていきます。

青クマは血液の流れが悪くなることから目元に青いクマができてしまう現象。日頃の仕事の疲れやストレスなどがたまり、睡眠不足なども手伝って目の疲れがピークに達する頃にクマができてしまいます。血液の流れが悪くなることが原因なので女性の場合、冷え性や生理現象などからくるホルモンバランスの崩れも青クマのできる原因となってしまうことがあります。

黒クマは別名を影クマとも呼ばれていて、目の下にたるみがあるとその下に影ができることで黒いクマのようなものができるのです。目の下のたるみは生まれつきの方もいらっしゃいますが、歳を重ねていくと皮膚にたるみがでてきて目の下がくぼんでいくこともあります。生まれつきこの部分に脂肪が多い方は黒クマができやすい体質だと言うことができます。

茶クマは目の下の皮膚の色素沈着が原因となることが多く、目元を強くこすったり、アトピーや化粧かぶれなど色素沈着の原因となる行為が茶クマの原因となってしまいます。外出時の紫外線による日焼けも茶クマの原因となることがあるので日焼け対策は万全に。美白化粧品などで対策してくことも有効です。

目元のクマの治し方

くまの種類によってそれぞれの治し方も違います。自分がどのタイプのクマなのかを確認したら適切な方法で治していく必要があります。

青クマの治し方としては血行を良くすることが一番。目元を蒸しタオルで温めたり目元のマッサージ。温めたアイマスクをすることも効果的です。マッサージなども有効ではありますが、あまり強すぎると皮膚への刺激となってしまいますのでやり過ぎには注意が必要です。マッサージをするとしてもクリームを塗ったりして滑りやすくすることをおすすめします。

黒クマはたるみがあることが主な原因なのでハリを出すこと。エイジングケア化粧品などを使いメンテナンスすることが効果的でしょう。生まれつきたるみやすい方は美容形成で対応する場合もありますが、その場合は必ず専門のお医者さんに診てもらってください。美容外科ではヒアルロン酸注入などでも黒クマを目立たなくすることができます。

茶クマの原因は色素沈着が主なので、シミ対策、紫外線対策をして美白ケアしていくのが基本的な治し方です。茶クマは治すまでに時間がかるものですが、茶クマを治している期間はアイメイクなどはほどほどにして刺激を与えないようにしましょう。私は眉毛美容液ランキングのサイトで購入した美容液を使っていますが、クマを治す期間は使用しないようひかえています。アザのようになっている茶クマは自分で治すことは難しいですが、美容外科でレーザー治療するという治し方もあります。